SQL Server 入門 SQL Server 入門

ホーム > T-SQL 入門 > UNION と UNION ALL で結合

UNION と UNION ALL で結合

UNION と UNION ALL で結合

前回 「 JOIN (結合) を使いこなそう 」 では、JOIN を使って、二つ以上のテーブルからデータを取得しました。

JOIN の結合は、カラムを複数のテーブルから取得するような方向でしたが、今回は UNION を使って、複数のテーブルから取得した結果セットをひとつに結合してみましょう。


UNION 演算子

UNION は、複数の結果セットをひとつの結果セットに結合してくれるオペレータで、構文は次の通りです。

[ クエリー 1 ] UNION (ALL) [ クエリー 2 ] ( UNION ALL [ クエリー 3 ] ...)

結合するそれぞれのクエリーは、カラムの数、順番、データ型が一致していなければなりません。

ただデータ型については、変換できるものであれば完全に一致していなくても、暗黙に変換が可能なものであれば勝手に変換されます。


UNION とだけ指定すると、重複する行は削除されてユニークな値のみが結果セットに含まれます。

UNION ALL と指定すると、重複した行も結果セットに含まれます。

UNION は UNION ALL よりもクエリーコストが高いので、パフォーマンスのことを考えると、必要がない限り、できるだけ UNION ALL を使ったほうが良いです。


結合の結果セットの並び順を指定したい時には ORDER BY 句を 最後のクエリー に指定します。

WHERE、GROUP BY、HAVING 句は、ひとつひとつのクエリに指定可能です。


それでは、UNION と UNION ALL を使ってみましょう。

次のような Users テーブルと Students テーブルがあります。 そのうち二人がどちらのテーブルにも存在しています。

UNION と UNION ALL で結合 1

FirstName と LastName カラムを取得する SELECT 文を UNION を使って結合し、LastName 順にならべると次のようになります。

SELECT      FirstName,
            LastName
FROM        Users
UNION
SELECT      FirstName,
            LastName
FROM        Students
ORDER BY    LastName;

[ 実行結果 ]
UNION と UNION ALL で結合 2

結果セットのレコード数は 9 で、重複している二人がそれぞれ 1 行ずつになって表示されています。


これを UNION ALL に変更して実行すると次のようになります。

SELECT      FirstName,
            LastName
FROM        Users
UNION ALL
SELECT      FirstName,
            LastName
FROM        Students
ORDER BY    LastName;

[ 実行結果 ]
UNION と UNION ALL で結合 3

結果セットのレコード数は 11 で、重複していてもそのまま表示されていますね。


上の二つのようなクエリーは、UNION を使うか UNION ALL を使うかで結果が違いますが、次のようなクエリーはどちらを使っても結果は同じです。

そういう時は UNION ALL を使うようにしましょう。

UNION と UNION ALL で結合 4

また、上の結果を見てもわかるように、カラム名は一つ目のクエリーで指定したものが採用されます。


最後に、結合した結果セットから、テンポラリーテーブルを生成したい時は、一つ目のクエリーに INTO を指定することで生成できます。

UNION と UNION ALL で結合 5

SQL Server 関連の人気書籍
ホーム > T-SQL 入門 > UNION と UNION ALL で結合