SQL Server 入門 SQL Server 入門

ホーム > JOIN (結合)を使いこなそう > CROSS JOIN (クロス結合)を使ってデータを取得する

CROSS JOIN (クロス結合)を使ってデータを取得する

CROSS JOIN (クロス結合)を使ってデータを取得する

前回は 「 FULL (OUTER) JOIN (完全外部結合)を使ってデータを取得する 」 で、FULL JOIN を使って、二つのテーブルを結合してデータを取得してみました。


今回は、今までの JOIN とはちょっと違った CROSS JOIN (クロス結合) を使って、二つのテーブルを結合して値を取得してみましょう。

こちら のスクリプトを実行して、Student・Test・TestResult テーブルを生成しておいてください。


CROSS JOIN (クロス結合)

CROSS JOIN は、INNER JOIN や LEFT JOIN と違って、ON でマッチの条件を指定しません。

[左テーブル] CROSS JOIN [右テーブル] のように結合すると、[左テーブル] と [右テーブル]の両方のテーブルの、全てのコンビネーションの行の結果セットを取得することができます。

ですので、結果で得られるレコード数は [ 左のテーブルのレコード数 ] x [ 右のテーブルのレコード数 ] になります。

JOIN (結合)の基本と種類について 5


次のような Test テーブルと Student テーブルがあります。

[ Test テーブル ]
CROSS JOIN (クロス結合)を使ってデータを取得する 1

[ Student テーブル ]
CROSS JOIN (クロス結合)を使ってデータを取得する 2


CROSS JOIN を使って、Test テーブルと Student テーブルを結合した結果は以下の通りです。

SELECT  *
FROM    Test AS T
            CROSS JOIN Student AS S;

[ 実行結果 ]
CROSS JOIN (クロス結合)を使ってデータを取得する 4

Test テーブルの行数 2 * Student テーブルの行数 6 = 12 レコードで、全てのコンビネーションの行の結果セットが取得できました。

このように各テスト、全生徒の一覧表を作りたいような時に便利です。


CROSS JOIN の使用例を見てみましょう。 Test テーブルに 「 History 1 」 を追加します。 TestID = 3 で挿入されました。

INSERT INTO Test 
    ( TestNameEn, TestNameJp )
VALUES  
    ( 'History 1', N'歴史1');

[ 実行結果 ]
CROSS JOIN (クロス結合)を使ってデータを取得する 6


この時点で、TestResult テーブルは以下の通りで、TestResult 入っていない、Test テーブルと Student テーブルのコンビネーションを探してみましょう。

[ TestResult テーブル ]
CROSS JOIN (クロス結合)を使ってデータを取得する 3

次のクエリーでは、CROSS JOIN を使って全パターンを取得し、TestResult テーブルに存在しないレコードを選択しています。

SELECT  *
FROM    Test AS T
            CROSS JOIN Student AS S
WHERE   NOT EXISTS
        (SELECT *
         FROM   TestResult AS TR
         WHERE  TR.TestID = T.TestID
                AND TR.StudentID = S.StudentID);

[ 実行結果 ]
CROSS JOIN (クロス結合)を使ってデータを取得する 5

TestResult テーブルに存在していなかった、コンビネーションを取得することができましたね。


おまけですが、この結果を TestResult テーブル に挿入して、TestResult テーブルが、Test テーブルと Student テーブルの全てのコンビネーションのレコードを生成するには次のように Insert できます。

INSERT INTO TestResult (
            TestID,
            StudentID
    )
    SELECT  T.TestID,
            S.StudentID
    FROM    Test AS T
                CROSS JOIN Student AS S
    WHERE   NOT EXISTS
            (SELECT *
             FROM   TestResult AS TR
             WHERE  TR.TestID = T.TestID
                    AND TR.StudentID = S.StudentID);

[ 実行結果 ]
CROSS JOIN (クロス結合)を使ってデータを取得する 7

T-SQL 入門の目次に戻る T-SQL 入門

SQL Server 関連の人気書籍
ホーム > JOIN (結合)を使いこなそう > CROSS JOIN (クロス結合)を使ってデータを取得する