SQL Server 入門 SQL Server 入門

ホーム > SQL の基本 > T-SQL の集計関数を使う 2

T-SQL の集計関数を使う 2

T-SQL の集計関数を使ってみよう 2

前回は 「 T-SQL の集計関数を使う 1 」 で必要なテーブルを作って、集計関数の COUNT を使ってみました。

まだ Student、Test、TestResult テーブルを作っていない人は、前のページに戻って作っておいてください。


よく使う集計関数 2

MAX ・ MIN

MAX は結果セットのなかでの指定したカラムの最大値を返し、 MIN は最小値を返します。

例えば、TestResult テーブルの TestID が 1 の最高得点、最低得点は次のように取得できます。

SELECT  MAX(Score) AS MAX_Score,
        MIN(Score) AS MIN_Score
FROM    TestResult
WHERE   TestID = 1;

[ 実行結果 ]
T-SQL の集計関数を使う 1

ちゃんと TestID = 1 の最高得点と最低得点が取得できていますね。

T-SQL の集計関数を使う 2


AVG

AVG は結果セットのなかで、指定したカラムの平均値を返します。

TestID が 1 の平均点は次のように取得することができます。

SELECT  AVG(Score) AS AVG_Score
FROM    TestResult
WHERE   TestID = 1;

[ 実行結果 ]
T-SQL の集計関数を使う 3

(85 + 60 + 98 + 73) / 4 = 79 なので、正しく取得できています。


少し気をつけなければいけないのは、値に NULL が入っているときの動きです。

例えば、TestID が 2 では、StudentID = 2 の点数が NULL になっています。

T-SQL の集計関数を使う 4

この状態で AVG(Score) を取得すると、値は 4 で割られるのではなく、 3 で割られ、(77 + 92 + 81) / 3 の計算結果が返ってきます。

SELECT  AVG(Score) AS AVG_Score
FROM    TestResult
WHERE   TestID = 2;

[ 実行結果 ]
T-SQL の集計関数を使う 5

もし 0 点扱いしたいケースがあれば、ISNULL で 0 に変換してから AVG 関数を使うと (77 + 0 + 92 + 81) / 4 の値が取得できます。

SELECT  AVG(ISNULL(Score, 0)) AS AVG_Score
FROM    TestResult
WHERE   TestID = 2;

[ 実行結果 ]
T-SQL の集計関数を使う 7


先ほどの結果でお気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、(77 + 92 + 81) / 3 は 83.3333333 なのに、83 になっていますね。

AVG は評価対象のカラムのデータ型によって、戻り値のデータ型が決まります。 Score は INT 型なので、戻り値も INT 型になってしまっています。

小数点以下の値まで取得したい時は CAST 等を使って DECIMAL にキャストしてから、AVG を使うことで取得できます。

SELECT  AVG(CAST(Score AS DECIMAL)) AS AVG_Score
FROM    TestResult
WHERE   TestID = 2;

[ 実行結果 ]
T-SQL の集計関数を使う 6


次は、GROUP BY を使ってグルーピングして、集計してみましょう。

次へ GROUP BY でグルーピングして集計する

SQL Server 関連の人気書籍
ホーム > SQL の基本 > T-SQL の集計関数を使う 2