SQL Server 入門 SQL Server 入門

ホーム > Microsoft SQL Server 入門 > SQL Server Management Studio - データベースを作成する

SQL Server Management Studio - データベースを作成する

SQL Server Management Studio (SSMS) を使用して、データベースを作成してみましょう

前回 「 SQL Server Management Studio (SSMS) でデータベースに接続する 」 で、SQL Server Management Studio (SSMS) でインストールしたデータベースエンジンに接続しました。

今回は、SQL Server Management Studio (SSMS) を使用して、データベースを作成してみましょう。


SQL Server Management Studio の UI からデータベースを作成する

1. データベースエンジンに接続したら、以下のような状態になっていると思います。 インストールや接続がまだの方はこちら 「 Microsoft SQL Server 入門 」 を参考にしてインストール&接続してください。

SQL Server Management Studio - データベースを作成する 1


2. 「 データベース 」 で右クリックをし 「 新しいデータベース」 を選択します。

SQL Server Management Studio - データベースを作成する 2


3. 今回は設定は何も変更せずにデフォルトのままで作るので、データベース名に Test と入力し、 「 OK 」 をクリックします。

SQL Server Management Studio - データベースを作成する 3


4. Test データベースができました。

SQL Server Management Studio - データベースを作成する 4


実際のデータベースファイルはどこにできた?

データベースを作成すると、データ用のファイル (拡張子: mdf) とログ用のファイル (拡張子: ldf) の二つのファイルができます。

それらのファイルが実際どこにできたか、確認してみましょう。


Test データベースを右クリックして 「 プロパティー 」 を選択します。

SQL Server Management Studio - データベースを作成する 5


左側の 「 ファイル 」 を選択し、右側の項目をスクロールしていくと 「 パス 」 や 「 ファイル名 」 が確認できます。

SQL Server Management Studio - データベースを作成する 6


Windows のエクスプローラでその場所にいると、確かにファイルができていますね!

SQL Server Management Studio - データベースを作成する 7


次は、SQL Server Management Studio を使用して、テーブルを作成してみましょう。

次へ SQL Server Management Studio - テーブルを作成する

SQL Server 関連の人気書籍
ホーム > Microsoft SQL Server 入門 > SQL Server Management Studio - データベースを作成する