SQL Server 入門 SQL Server 入門

ホーム > SQL Server&T-SQLに関するコラム > デバッグに便利! SQL Server プロファイラの使い方

デバッグに便利! SQL Server プロファイラの使い方

SQL Server Profiler とは

SQL Server プロファイラは SQL Server の管理ツールのひとつで、トレースを取得したり、分析したりできるツールです。

残念ながら SQL Server 2016 より後のバージョンでは廃止されるそうですが、とても便利なツールでまだまだ使えると思いますので、簡単なトレースのキャプチャー方法を載せておきます。

今回はクライアントプログラムからストアードプロシージャを実行した時のトレースをキャプチャーしてみましょう。

SQL Server Profiler がなくなってしまった後はこちらをご覧ください。
トレースツールは SQL Server Profiler から Extended Events (拡張イベント)へ


SQL Server プロファイラを起動する

SQL Server Profiler を起動する方法は何通りもあって、アクティビティモニターや SQL Server Management Studio からも右クリックで起動できますが、今回は Windows のスタートメニューから起動します。

SQL Server プロファイラは、以下のような感じで Windows のスタートメニューの各 SQL Server のフォルダの下の [パフォーマンスツール] フォルダの下に入っているはずです。

SQL Server Profiler の使い方 1


SQL Server Profiler は Express エディションには入っていませんので、Developer エディション等にアップグレードするか、Developer エディション等を別インスタンスとしてインストールしてください。

もし SQL Server Profiler がインストールされていない場合は、Windows のスタートメニューの各 SQL Server のフォルダの下の [構成ツール] > [SQL Server インストールセンター] を立ち上げ、SQL Server インストールウィザードの [機能の選択] 画面まできて [共有機能][管理ツール - 基本][管理ツール - 完全] にチェックを入れてインストールしてください。


SQL Server Profiler が立ち上がったら、メニューの [ファイル] > [新しいトレース] をクリックします。

SQL Server Profiler の使い方 2


データベースへの接続画面が表示されるので、接続したいデータベースエンジンに接続します。

SQL Server Profiler の使い方 3


トレースのプロパティの画面が表示されるので、デフォルトのテンプレートのまま [実行] をクリックします。

SQL Server Profiler の使い方 4


トレースのキャプチャーが始まるので、エラーが起こっているストアドプロシジャーを呼ぶ処理をクライアントプログラムから実行し、ストップボタンをクリックしてトレースのキャプチャを停止します。

今回は学生の情報を挿入している箇所でエラーが出ているとします。

SQL Server Profiler の使い方 5


メニューの [編集] > [検索] などを使って、お目当てのデータを探します。

SQL Server Profiler の使い方 6


このように、実際にデータベースに対して実行されたスクリプトを取得することができ、エラーの原因をつきとめるのに役立ちますね。

SQL Server Profiler の使い方 7

SQL Server 関連の人気書籍
ホーム > SQL Server&T-SQLに関するコラム > デバッグに便利! SQL Server プロファイラの使い方