SQL Server 入門 SQL Server 入門

ストアドプロシージャの作成日時と更新日時を確認する

ホーム > 便利なT-SQL&クエリー集 > ストアドプロシージャの作成日時と更新日時を確認する

ストアドプロシージャの作成日時と更新日時を確認する

ストアドプロシージャの作成日や更新日の取得するには何通りか方法がありますので、ご紹介していきたいと思います。


sys.objects

SELECT   name,
         create_date,
         modify_date
FROM     sys.objects
WHERE    type = 'P'
ORDER BY name;

ストアドプロシージャの作成日時と更新日時を確認する1

sys.objects はデータベース内で作成された、ユーザ定義のスキーマスコープオブジェクトを返すビューです。

type はオブジェクトタイプを表していて、P は SQL Stored Procedure です。


sys.procedures

SELECT   name,
         create_date,
         modify_date
FROM     sys.procedures
ORDER BY name;

ストアドプロシージャの作成日時と更新日時を確認する2

sys.procedures は sys.objects の type が P、PC、RF、X のもので、同じ情報が使われており、プラス 4 つほど、stored procedure 特有のフラグ用カラムを返すビューです。

P = SQL Stored Procedure
X = Extended stored procedure
RF = Replication-filter-procedure
PC = Assembly (CLR) stored-procedure


INFORMATION_SCHEMA.ROUTINES

SELECT   ROUTINE_NAME,
         CREATED,
         LAST_ALTERED
FROM     INFORMATION_SCHEMA.ROUTINES
WHERE    ROUTINE_TYPE = 'PROCEDURE'
ORDER BY ROUTINE_NAME;

ストアドプロシージャの作成日時と更新日時を確認する3

INFORMATION_SCHEMA.ROUTINES は現在のユーザーがそのデータベースでアクセスできるストアドプロシージャとファンクションを返すビューです。 

ROUTINE_TYPE が PROCEDURE のものが ストアドプロシージャ です。


Object Exploer Details

最後に、SQL Server Management Studio の画面で確認する方法です。

Menu の View > Object Exploer Details を選択し、Object Exploer Details を表示します。

ストアドプロシージャの作成日時と更新日時を確認する4

Database > Programmability > Stored Procedures とダブルクリックしていくと、ストアドプロシージャの一覧が表示されます。

ストアドプロシージャの作成日時と更新日時を確認する5

Date Las Modified の項目が表示されていない場合は、カラムのヘッダーで右クリックすると表示する項目を選択することができます。

ストアドプロシージャの作成日時と更新日時を確認する6


SQL Server 関連のおすすめ書籍
ホーム > 便利なT-SQL&クエリー集 > ストアドプロシージャの作成日時と更新日時を確認する